新しくなったNEWバルキーバッグ!

どうも コナ です犬

 

 

 

 

久しぶりの快晴ですね 晴れ

 

 

くしゃみ、連発ですね・・・くしゃみくしゃみくしゃみ

 

 

 

 

今年は かなりひどいみたいですが、

 

ぼくはまだ大丈夫です。

 

 

 

 

といっても、

 

ヒノキもすでに飛び出しているそうなので、

 

そろそろかな・・・ゆう★

 

 

 

 

 

「これは風邪ですくしゃみ」 と言って認めない犬

 

きっと今年は・・・ニヤリふふふ…おいで…

 

 

 

 

 

 

 

 

さて 今日は

 

新しくなったバルキーバッグのご紹介です。

 

 

 

 

 

その名も・・・

 

 

き『NEWバルキーバッグ』き  (¥1,350)

 

1.jpg

 

そのまんまか〜い フンッ

 

 

 

 

と、名前は変わり映えしませんが、

 

内容的には

 

リニューアルというより、

 

きほぼ新作きと言っていいほどの 変わりっぷりです。言い過ぎ?笑

 

 

 

 

 

 

どこが変わったか、

 

まずは 分かりやすいところから・・・。

 

 

 

 

 

POINT数字 カラーバリエーションがさらに豊富にきらきら

 

従来からある ボーダータイプと 底布無地タイプに加え、

 

新柄の“バイアスチェック”タイプも

 

新定番に仲間入りしました犬

 

 

無地1色と バイアスチェック4色が増えて

 

9配色 ⇒ 12配色

 

になりました!

 

 

こんな感じ ↓

 

2.jpg

 

 他にない色使い、と言っていただけた

 

 ボーダーグレーとボーダーレッドは

 

 残念ながら 廃色となりました。おじぎ汗

 

 

 

 

 

 

これだけでも

 

選べる色柄が増えて迷ってしまいますが、

 

従来通り

 

底布に 定番以外の色を選んだり、

 

リメイクに使えるよう 底布なしにする

 

といった、

 

要望に合わせた特注も もちろん可能です手

 

 

 

3.jpg

 

特注の例として、

 

水色のチェック(上)と カーキ(真ん中)は

 

底布を定番でない色に変更

 

水色チェック(上)は、さらに別売の『アレンジカットクロスセット』を使って

 

ポケットも追加しています。

 

 

 

赤(下)は、色No.07 レッドに

 

着なくなったレースの服を重ねて

 

リメイクのアレンジをしています。

 

 

 

特注は様々なパターンがあると思います。

 

条件等もございますので、

 

まずは、こんなことをしたいんだけど、こんなことってできるの? と

 

お気軽に ご相談くださいひらめき

 

 

 

 

 

 

 

POINT数字 ほつれにくく、布端しまつが不要にきらきら

 

 

続きまして、

 

もはや定番となりました

 

縫いしろがほつれにくい特殊加工!

 

 

5.jpg

 

 

お待たせしました!!

 

 

NEWバルキーバッグにも やっちゃいました あ えへ

 

 

これでもう

 

ピンキングもロック加工の特注も 必要ありませんグッド

 

 

 

バルキーバッグへの この加工、

 

ご要望も多かっただけに

 

すでに多くのお問い合わせをいただいておりますどんぐり

 

 

 

 

 

 

 

 

POINT数字 プリント線が はみ出しにくくなりましたきらきら

 

 

従来の バルキーバッグをお使いいただいた学校さんから

 

 

 

「持ち手のテープを縫い付ける時に、

 

 ちょっとでも縫うところがずれると

 

 プリント線が見えてしまうんだけど・・・悲汗

 

 

というお声をいただきました。

 

 

 

IMG_20180308_132812.jpg

 

・・・確かに うーん

 

 

 

 

でも、

 

安心してください !!!

 

 

 

 

今回のリニューアルにあたり、

 

型紙を修正し、

 

テープ付け位置の線をはみ出しにくく改良しましたき

 

 

 

 

 

 

 

POINT数字 名前も書ける“品質表示ラベル”を追加きらきら

 

 

 

「洗濯表示が新しくなるのよね」

 

「管理しやすいよう 作品に名前を書かせたい」

 

 

 

最初は こんなお声からでした。

 

 

 

そこで、

 

 

NEWバルキーバッグに

 

洗濯ラベル.jpg

 

こんなものをつけてみました。ポイント

 

 

 

あなたの服の裏にもついている アレですね。

 

最近の服には

 

やたらいっぱいついているものもあるようですが・・・泣き (過去記事はコチラ)

 

 

 

この品質表示ラベルをつけることで

 

作品の管理がしやすくなることはもちろん、

 

自分が今、着ている服にも

 

同じようなラベルがついていて

 

衣服の選択&洗濯時の参考にできると気付く

 

きっかけになればいいな と思っています。

 

 

 

6.jpg

 

半分に折って

 

好きなところに縫いつけてくださいね。

 

 

 

※「品質表示ラベル だけ欲しい!」 というご相談がありますが、

 

 このラベルに記載の 素材や注意事項といった内容が

 

 『NEWバルキーバッグ』用となっており、

 

 他の教材との組み合わせはできません。

 

 

 

 

 

 

 

POINT数字 帆布の生地感が 全部同じにきらきら

 

 

これは カタログに載っていないことですが

 

従来品は、ボーダータイプと無地タイプでは

 

帆布の生地の風合いに 違いがありました。

 

 

 

無地タイプの本体は

 

“いかにも生成帆布” という風合いでしたが、

 

ボーダータイプの方は、

 

結構 布地の表面が ツルッとしていて

 

厚みも 無地に比べて薄く、

 

帆布っぽくないと言われることもありました 汗

 

 

 

しかしながら どちらも帆布で、

 

元は同じ生地なのです・・・。

 

 

 

この生地感の違いは、

 

プリント加工によるものでした。

 

 

 

ボーダー柄は、

 

無地に比べてプリント範囲が広く、

 

染めムラや抜けが起こりやすいため

 

柄をプリントする前に 「さらし加工」をしています。
 

 

 

さらし加工とは、生地を染めたりプリントする前に

 

生地の表面のごみを取り除いたり、

 

プリントの発色を良くするための漂白をしたりする加工で、

 

これをすることで

 

なめらかで真っ白な きれいな生地になります。

 

 

 

この加工をした後にプリントすると

 

インクが均一に乗り、プリントが鮮やかでキレイに仕上がるのですが

 

織り糸1本1本の 表面の毛羽立ちがなくなるため

 

生地自体が 痩せて 薄くなったように感じることがあります。

 

 

 

また、綿や麻は天然繊維のため

 

生地に茎や根のカスのようなものも 一緒に織り込まれます。

 

茶色い点々がそれです。

 

これもまた生成の生地の味なのですが、

 

さらし加工をすることで これもきれいになくなってしまいます。

 

 

 

そして当然、真っ白に漂白され

 

生成ではなくなっているので、

 

生成色もプリントしていました。

 

 

 

 

 

無地タイプの方は

 

さらし加工をせず あえてこの生成らしさを残しているため、

 

ボーダータイプと

 

生地感の違いが生じていました。

 

 

 

 

 

新しい『NEWバルキーバッグ』は、

 

この違いがなくなりました!

 

IMG_20180308_132540.jpg

  ↑             ↑

 従来品          新しいタイプ

 

 

このように変わります。

 

 

 

プリント方法を変更し、

 

ボーダータイプも無地タイプと同様、

 

生成帆布らしさを生かしました。どんぐり

 

 

 

 

 

 

最後の方にいくにつれ

 

かなりマニアックな説明になってしまいましたが、

 

とりあえず 従来品よりも格段に良くなっている のは

 

間違いありませんグッド

 

 

 

 

 

もっと 作りやすく!

 

という 先生の声に

 

とことん!! 応えた

 

『NEWバルキーバッグ』!!

 

 

 

是非 一度作ってみてくださいね〜〜〜犬

 

 

 

 

 

 


What's New!!

calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

profile

categories

archives

search this site

links

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM