和食=日本の伝統文化

こんにちは、サムです犬
一気に寒くなりましたね〜寒い朝起きるのがツライ、今日この頃です…

さて、昨日テレビのニューステレビで見たのですが、

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に昨年登録された「和食」の伝統を
学校教育などを通じて次世代に伝えるための
「和食文化国民会議」なる組織が設立されたそう。

和食の専門家や食品メーカーなどが参加して、
和食づくりの達人を小中学校に派遣するなど
和食を学校教育に取り入れるべく、さまざまな活動を行っていくとのことでした。

達人による和食のススメ ! なんとも内容の濃い授業になりそう。

大人から子どもまで、「日本=和食」のイメージは
すっかり定着しているものと思っているのですが、
普段の食生活に和食を取り入れているかどうかはまた別の話ですよね。
「最近は和食になじみのない子も増えている」と、そのニュースでは言っていました。

でも、よく考えてみると、
ぼくも 和食の定義 というものはイマイチ分かっていないかも…
一汁三菜…ごはん、味噌汁…野菜や魚…煮物…
う〜ん、なんとなく視覚的なイメージだけで、言葉で説明するのが難しい…
ということで、ちょっと調べてみました。

農林水産省が提唱する【和食の4つの特徴】は次の通りです。

1.多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重
 
日本の豊かな自然からとれた多様な食材を用いている。
 また、素材の味わいを活かす調理技術・調理道具が発達している。

2.栄養バランスに優れた健康的な食生活
 
一汁三菜を基本とする食事スタイル。
 また、「うま味」を上手に使うことによって動物性油脂の少ない食生活が実現。
 日本人の長寿や肥満防止に役立っている。

3.自然の美しさや季節の移ろいの表現
 
季節の花や葉などで料理を飾りつけたり、
 季節に合った調度品や器を利用したりしている。

4.正月などの年中行事との密接な関わり
 
行事食を通じて、家族や地域の絆を深めてきた。


そうそう!そういうこと!そういうこと!!
…と簡単にまとめましたが、とにかく和食は素晴らしい日本の伝統文化。
後世へ伝え続けていかねばならない尊いものですよね。

ぼくは和食大好きDocomo_hartあぁ〜…晩御飯、待ち遠しいなぁ〜よだれ

What's New!!

calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

profile

categories

archives

search this site

links

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM